ABCクリニックで行っている麻酔は痛くない?麻酔方法を検証

ABCクリニックで行っている麻酔は痛くない?麻酔方法を検証

包茎治療で包皮にメスを入れること自体は麻酔で痛みを感じなくとも、麻酔を注射するときの痛みが怖いからという理由で包茎治療をためらってしまう方は少なくないようです。

 

ですが、クリニックによっては痛みを感じない麻酔に工夫しているところもあり、ABCクリニックも痛くない麻酔が受けられるので安心と評判です。

 

ABCクリニックの麻酔はどうして痛くないのか

 

注射麻酔は体に針を刺し込むため、どうしても痛みが生じてしまいます。針を大切でデリケートな性器に刺すということを思い浮かべると、ぞっとして臆病になってしまうのも無理はないでしょう。ABCクリニックでも注射による麻酔を使います。

 

しかし針を刺す痛みを患者様が感じないように、事前にシール麻酔を施します。このシール麻酔のお蔭で、注射針の痛みを感じることなくメインの麻酔を受けることができます。

 

シール麻酔にて注射を施す部位に張り付けることで、皮膚表面の感覚を麻痺させることができます。このシール麻酔は麻酔注射を刺す痛みだけでなく、手術時の麻酔にも効果を発揮し、シール麻酔、注射麻酔のダブルで無痛手術を実現しています。

 

また、手術に用いる糸もマイクロ縫合糸を採用することで、縫合時の痛みや違和感をさらに軽減しています。

 

どんな包茎治療でも無痛で安心

 

包茎には真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と種類があり、状態も異なりますが、どんな包茎の治療であってもABCクリニックであれば無痛で治療を受けられるので安心です。

 

性器に施す麻酔が痛いのではないか、麻酔が効かないのではないか、包茎が重度なので麻酔の効果は薄いのではないかと心配する必要はありません。

 

どうしても不安であれば、一度無料カウンセリングを受けてプロの意見を直に聞いてみるとよいでしょう。リーズナブル価格での包茎治療を実現しているABCクリニックですが、優秀な医師による高度な治療技術はもちろん、麻酔の技術も高いです。費用が安いからと、不安に思うこともありません。

カントン包茎手術