包茎手術の費用が保険適用可能なケースと利用について

包茎手術の費用が保険適用可能なケースと利用について

包茎手術の費用が保険適用されるケースとはどんなケースなのでしょう。自分の場合は保険適用されるのかどうか、保険を利用するためにも適用かどうかの基準について知っておくことが大切です。

 

包茎の種類による違い

 

まず、包茎手術が保険適用されるかどうかは包茎の種類によって違ってきます。真性包茎とカントン包茎は日常生活にも支障があると考えられており、医療目的での治療となるため保険が適用されます。

 

一方で仮性包茎は医療的に言うと治療の必要性がそれほど高くなく、そのままでも生活していけることから保険が適用されません。そのため真性包茎とカントン包茎か、仮性包茎かで費用も大きく変わってくる形です。

 

自分が仮性包茎の場合は残念ながら保険が適用されず、全額自己負担になると覚えておきましょう。仮性包茎の場合はあくまでも見た目の改善を目指した、審美目的の手術という扱いになってしまうのです。ですから仮性包茎の方は費用の面からも手術をするべきか、慎重に検討する必要があります。

 

病院での違い

 

真性包茎やカントン包茎なら保険が適用されると紹介しましたが、さらに病院の種類によっても違いがあります。一般的な泌尿器科での治療なら問題なく保険が適用されるのですが、包茎専門クリニックなどは保険での診療をしていないところも多く存在します。

 

こうしたクリニックでは真性包茎やカントン包茎であっても保険が適用されず、全額自己負担になる可能性があるので注意しましょう。仮性包茎は泌尿器科でも専門クリニックでも保険が適用されません。

 

真性包茎やカントン包茎で専門クリニックを受診する場合は、事前に保険が適用されるかどうかをチェックしなければなりません。いずれにしても具体的に費用がいくらかかるのか、これも事前に把握しておくようにしましょう。

 

包茎手術の保険適用についていくつかの条件があります。条件を知らないと保険が適用されずに高額な費用を支払うことにもなりかねませんので、しっかり知識を身に付けておくようにしましょう。

カントン包茎手術