包茎の手術を受ける当日および前後の過ごし方

包茎の手術を受ける当日および前後の過ごし方

ペニスにとって最悪なのは真性包茎であり、男性患者は決死の思いでクリニックに通うのです。真性包茎の手術の方法も確立され、今では日帰りによる手術を受けることが可能となりました。日帰りで手術を行えますが、事前と事後のことを理解し当日を過ごすことが求められます。

 

真性包茎の手術は日帰りが可能

 

包茎の手術は、症状の軽い仮性包茎でもそれより重いカントン包茎でも、日帰りによる手術が受けられるようになりました。症状が最も重い真性包茎である場合でも、同様です。日帰りの手術で治療が行えることは、一度の施術で治療が済むというメリットがあります。

 

患者のペニスにメスや薬物を使用する機会が限られ、医師の負担も軽減されます。術後、再びクリニックを訪れ患部をチェックすることはあります。それでも、真性包茎を日帰りで治療できるため人気が高いのが特徴です。

 

日帰りの真性包茎手術の事前について

 

日帰りの真性包茎手術がありますが、気をつけることがあります。男性患者はあくまでも手術を受ける患者であり、気をつけるべきことがあるのです。それは、ペニスを事前にできるだけ綺麗にしておくことです。仮性包茎の場合は亀頭を覆う包皮を剥くことで恥垢を洗い落とすことができます。

 

しかし、真性包茎ではそれが困難です。そもそも、恥垢を洗い落とせないことが真性包茎の問題点であり、そのために手術を受ける患者が多いのです。真性包茎の場合、亀頭に溜まっている恥垢を洗い落とせない場合でも陰茎部を綺麗にしておく程度は心がけるべきです。

 

日帰りの真性包茎手術の事後について

 

事前だけではなく、事後でも気をつけることがあります。手術を行ったクリニックでは、必ずアフターケアの制度があるはずです。適切な手術を受けたとしても、事後がしっかりしていなければ意味がありません。

 

具体的には、シャワーや湯船に浸かっても良いか、またオナニーをしても良いかについてです。真性包茎の場合、日帰りは可能ですが仮性包茎とは異なります。

 

場合によっては当日からシャワーを浴びることが可能な場合もありますが、そうではない場合もあります。湯船に浸かることやオナニーでも同様です。

 

日帰りの真性包茎では事前と事後に気をつけ、当日を過ごすことが求められます。当日はクリニックの医師やスタッフから説明を受けますが、それに従えば快適に過ごせます。デリケートな部位であるからこそ、事前と事後は大切であり、それは当日の過ごし方にも大きく関わるものです。

カントン包茎手術