包茎手術で傷跡が残るのは避けられない?

包茎手術で傷跡が残るのは避けられない?

そっぽを向く男性

手術をして包皮を切除するわけですし、その後は縫合をするのですから、確かに傷跡が残ってしまうのではないかという不安があります。では、実際のところはどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、傷跡は必ず残ってしまいます。やはり、包皮を切除して縫合するという手順を踏む以上、これは仕方のないことだと言えます。となると、傷跡が残るのがいやだという場合には包茎手術を諦めなくてはいけないのでしょうか。

 

そんなことはありません。傷跡が残ってしまうとしても、それを目立たないようにするということは可能だからです。たとえば、手術後、傷跡をペニスの皺に合わせて縫合することによって目立たなくするという方法もあり、こうした場合は傷跡はほとんどわからないくらいになります。

 

つまり、傷跡は残ってしまうものですが、それをわからなくするということは十分に可能です。また、切除の仕方によっても傷跡は目立たなくなります。こうしたことを考えると、手術をする医師のテクニックが傷跡を目立たせないために重要であると言えます。包茎の手術を行っている病院はたくさんあり、医師もそれぞれですからどうしても技術に差が出てしまいます。

 

場合によってははっきりと傷跡が目立ってしまう場合もあるでしょうから、病院選びというのは非常に重要な要素であるということが言えるでしょう。傷跡を目立たないように包茎を改善するためにも、確かな技術を持った病院を探すということが重要です。

 

インターネット上には、包茎手術を行っている病院のホームページもありますし、実際に包茎手術をした方の感想や口コミなどを確認することもできます。こうした情報はこれから包茎手術をしようと考えている方にとっては非常に有益な情報となりますので、病院選びの参考にするのがよいのではないかと思います。

カントン包茎手術