包茎手術は子供でも可能なの?受けるのに年齢制限はあるのか?

包茎手術は子供でも可能なの?受けるのに年齢制限はあるのか?

包茎手術は子供でも受けることが可能なのでしょうか。それとも手術を受けるには年齢制限があるのか、意外と知られていない包茎手術と年齢の関係について紹介します。

 

包茎手術は子供でも受けられる?

 

子供の大半は包茎の状態で、包茎じゃない人でも成長とともに徐々に皮が剥けていくだけでいきなり剥けている状態の子供は基本的にいません。海外では割礼といって小さな頃に皮を剥いたり切ってしまう風習があるところもありますが、日本では割礼は一般的ではないので多くの子供が包茎の状態です。

 

最近ではそれを心配して手術をした方がいいんじゃないか、と考える親御さんも多いようです。では包茎手術は子供でも受けられるのかという点ですが、理論的には受けられます。それほど大きな手術ではありませんし、短時間で終わるものなので子供のうちに包茎を治療してしまうことも可能ではあるのです。

 

ですが現実的にはクリニックの医師なども小さな頃の手術は勧めていませんし、手術を受ける男性のほとんどが成人です。これはなぜなのか、実は人間の成長も関係しています。

 

包茎手術と年齢制限

 

そもそも包茎手術には明確な年齢制限があるわけでもなく、その意味でも子供でも手術自体は可能です。ですが医師の多くが子供の手術を勧めない理由、それは成長です。男性の場合、18歳前後までは肉体的な成長があると言われ、それ以降は成長が止まるとされています。

 

そのため18歳前後になるまでは、包茎が自然に治る可能性も十分にあるのです。だからこそ子供のうちの手術を受ける必要性が薄く、まずは様子を見ようと考えることが多いのです。

 

そして成人しても包茎が治らなかった場合のみ、手術での治療を検討した方が良いと言われます。手術をするというリスクを考えても、やはり子供のうちは手術を無理にする必要がないというわけです。

 

包茎手術には年齢制限はありませんが、実質的には18歳を過ぎてから受けるのが普通です。小さいうちは自然に皮が剥ける可能性が残されていますから、親御さんとしても焦る必要はありません。

カントン包茎手術