真性包茎の日本人はどれくらいいるの?気になる割合

真性包茎の日本人はどれくらいいるの?気になる割合

日本人男性の多くは包茎であると言われており、最も悩ましいものが真性包茎です。包茎は大きなコンプレックスであり、場合によっては手術をする必要もある状態です。ペニスの状態には個人差がありますが、真性包茎は数こそ少ないですが深刻な問題といえます。

 

包茎である男性はどのくらいいるのか

 

まず、日本人男性の多くは包茎であると言われています。まったく包茎でないという男性も存在しますが、包茎である方が圧倒的に多いのです。日本人男性のおよそ7割が包茎と言われているのです。海外でも包茎である男性の割合が高いことがあります。

 

つまり、包茎であることは珍しいことではないのです。包茎は男性にとってはコンプレックスになるものですが、症状に差はあれど決して自分だけがそれで悩んでいるというわけではありません。また、包茎には症状によって差があり、それにも割合があります。

 

多くの場合は真性包茎ではなく仮性包茎

 

包茎である症状の割合ですが、多くの場合は真性包茎ではなく仮性包茎です。仮性包茎は通常時は亀頭の一部か全部が包皮に覆われていて亀頭が露出していない状態ですが、勃起時には問題なく包皮を剥いて亀頭を露出させることができます。

 

そのため、必ずしも手術を受ける必要はなく、ペニスを衛生的に保つことができます。包茎の中でも6割から7割近くが仮性包茎と言われています。つまり、包茎である日本人男性の多くは仮性包茎であると言えるのです。しかし、亀頭が露出できない真性包茎が低い割合ですが問題となっています。

 

真性包茎の割合は低い

 

深刻なのは真性包茎です。自分の手では亀頭を露出させることができず、手術を受けなければ改善することができません。その割合ですが、包茎である男性の中では僕一部であり、全体の一割にも満たない少数であるのが特徴です。

 

真性包茎は仮性包茎とは違い、性交時や排尿時に問題が伴います。衛生面でも好ましくなく、性病リスクも高まるのです。

 

しかし、その数は仮性包茎のように多くはありません。全体から見れば一割以下です。しかし、その一割以下の患者たちが悩んでいる症状なのです。真性包茎は、深刻な問題であると言えるでしょう。

 

真性包茎であるケースは決して多くはありませんが、悩んでいる男性がいることは事実です。包茎そのものは珍しいことではなく、仮性包茎の場合は心配しすぎる必要はありません。

 

しかし真性包茎は深刻であり、その数が多くないというだけであり患っている場合は甘く見ることはできず、専門のクリニックで手術を受ける必要があります。

カントン包茎手術