軽視しがちな恥垢の特徴と危険性について

軽視しがちな恥垢の特徴と危険性について

恥垢とは、性器に付着している尿、精液などのカスのことをいい、主に亀頭と包皮の間に多く見られる物質です。恐らく、男性であればどなたでも一度くらい自分の性器に付着しているのを見たことがあるのではないでしょうか?

 

通常のペニスであれば、仮に溜まったとしても綺麗に洗えば良いだけですが、重度の包茎だと包皮を剥いて亀頭を洗うことができないので、溜まったままになってしまいます。洗うことができず溜まったままの状態が続き、どんどん蓄積されていくとその恥垢が原因で強い悪臭を放つようになり、性行為の時に女性に不快感を与えてしまいます。

 

そして、恥垢が溜まるデメリットは、臭いだけでは無く、他にも様々な問題を引き起こします。恥垢が蓄積されることによって、亀頭包皮炎、尿道炎といった性器に関する病気を起こしやすくなります。これらの病気は、ペニスを綺麗な状態に保つことで防ぐことができますが、重度の包茎だとそれが難しいのでこれらの症状に悩まされることが多いです。

 

また、性病の発症リスクも高まり、通常の方であれば感染しないような状況でも感染してしまうことがあります。性病を抱えたまま性行為をしてしまうと女性に感染させてしまう可能性があるので十分に注意しないといけませんし、恥垢を溜めたまま性行為をすることで女性の膣炎を引き起こす場合もあります

 

恥垢は軽視されがちですが、実際はこのようなデメリットや危険性を秘めているので、毎日のケアが必要となります。包茎でも仮性包茎の方であれば、包皮をむき念入りに洗うことによって、綺麗な状態を保つことができますが、真性包茎やカントン包茎の場合はそれが難しいです。

 

真性包茎やカントン包茎だと亀頭を露出することができないので、常に恥垢が蓄積されたままです。この状態を放置しているのは、ペニスにとって非常に悪影響を及ぼすので、恥垢の問題を解決するためにも早めに治療を行うようにしましょう。

カントン包茎手術