上野クリニックで手術後に傷跡が目立たない大きな理由は?

上野クリニックで手術後に傷跡が目立たない大きな理由は?

上野クリニックの包茎手術には色々な優れた点がありますが、その1つが手術による傷跡が目立たないというものです。それでは、どんなん手術方法なのか見てみましょう。

 

包茎手術を受けた人の回想

 

ある人が上野クリニックで包茎手術を受けた時の報告を書いていますので、かいつまんで手術の状況を再現してみます。まずパンツを脱いでベッドに仰向けに横たわります。最初の方で麻酔をかけます。

 

そして、執刀医が最終的にその人のペニスの状態を見て、切除する包皮に印をつけるそうです。その印に従って包皮を切除して、後で縫い合わせるわけです。いざ手術が始まりますと、切除している音や医師の話し声が聞こえると言います。

 

また、時々患者に話しかけて体調等を確かめたりもするそうです。この人の場合は40分くらいで手術が終わって、あっけなかったと言っています。

 

手術後は術後の過ごし方等の説明を聞いて、ケア用の薬を受け取り帰宅します。快癒した後に手術の傷を調べてみましたが、自分で見てもほとんどわからないと言っています。

 

どうして傷跡が目立たないのでしょうか

 

上野クリニックの包茎手術は、上記のように患者ごとに一番傷跡が目立たないように包皮を切除します。そして、執刀する医師は経験豊富ですから、間違えるということがないそうです。

 

それに加えて、美容外科で使われている技術を手術に応用していますので、傷口の縫い方にも工夫が凝らされています。このような熟練の医師による高い技術を使った手術ですから、傷跡が目立たないようにできるわけです。

 

なにしろ上野クリニックには、他のクリニックなどで傷跡の残る包茎手術を受けた人が再手術する例も多いと言いますので、その技術力の高さが知れるでしょう。

 

上野クリニックの包茎手術は、どのくらい優秀なのかを証明する口コミがあります。その1つは、セックスの時に相手の女性がまじまじとペニスを見たとしても、ほとんど気づかれることがないそうです。このくらい完成度の高い包茎手術だということですね。

カントン包茎手術