ペニスや亀頭が増大することによって包茎は治るの?

ペニスや亀頭が増大することによって包茎は治るの?

ペニスや亀頭が増大、つまり大きくなることで包茎は治るものなのでしょうか。ここでは包茎とペニスや亀頭の大きさの関係を紹介し、その観点から包茎が治るかどうかを考えてみます。

 

ペニスや亀頭の増大が包茎に与える影響

 

包茎は基本的に皮が余っていることでなってしまうものです。なぜ皮が余っているのか、それはペニスや亀頭のサイズが皮と比較して小さいからです。ということはペニスや亀頭が増大されれば皮が余らなくなり、包茎も治るというのはもっともな理屈です。

 

実際、子供の頃はみんな包茎の状態ですが成長すると共にペニスや亀頭も大きくなり、自然と包茎でなくなっていきます。そのためペニスや亀頭の大きさは包茎と強く関係しており、ペニスや亀頭が増大されれば包茎も改善できると考えられます。

 

10代や20代の男性はまだこれから大きくなる可能性も残っているので、すぐに治療を考える必要もないかもしれません。逆にこの先ペニスや亀頭が増大する可能性がもうないという男性は、包茎を治すために別な方法を考えないといけないのです。

 

増大で包茎を治すという方法

 

包茎治療というと余った皮を切除するという方法が一般的ですが、ペニスや亀頭を増大させることで包茎の治療を目指す方法もあります。クリニックなどで行われる方法としては、体内に埋もれたペニスを引き出すことで増大させる方法がよく知られています。

 

ペニスの根本部分というのは体内に埋もれていて、これを手術などで体外へと引き出し、ペニスのサイズアップを狙います。ペニスが大きくなることで余った皮がなくなり、包茎が治るわけです。

 

しっかり包茎が治るかどうかは皮の余り具合なども関係しているため個人差がありますが、切除する手術をしなくても済む可能性があります。

 

包茎は皮が余っていることが原因ですから、ペニスや亀頭を増大させることで治ることがあります。皮を切除するという方法に抵抗がある場合、増大することで治療を目指すという選択肢があることも覚えておきましょう。

カントン包茎手術